PC通販おすすめ

ゲームパソコンまとめ7!自作ゲームPCとは【値段は安い?】

自作でゲームPCが出来るって本当?

オンラインゲームにこだわっている人は、もっと性能のいいパソコンでゲームをしたいと思う人や、性能がよくて格安のゲームパソコンが欲しいと思っている方もいますよね。

そんな人におすすめなのが自作のゲームパソコンです。

自作パソコンなら、どんどんゲームが進化をしていってもパソコン自体変えなくても、部品を変えるだけで済むので、安く済むと言うメリットもあります。

ある程度パソコンになれていない人は難しいかも知れませんが、実際に作ってみたらそうでもなかったという声も聞かれます。

ここでは、自作のゲームパソコンを作る際に必要なことなどをまとめて見ましょう。

ゲームPCの自作について

ゲームPCというのは、自分でパーツを集めて組み立てることもできます。
これは上級者向けの楽しみ方ですが、パーツごとの組み合わせによって再現可能な能力にも違いがあるからです。

それにはメーカーの互換性や相性といったことも考えられますし、組み立て済みのものでは手に入りにくいパーツも、バラ売りならば手に入ることもあるからです。

とくに評価の高いパーツなどを探している場合は、自作でないとゲームPCに組み込めないといったケースもあります。

自作のゲームPC魅力は?

この自作をするという魅力には、金銭的な面も考えられます。
性能自体を比較すれば10万円以上はするというゲームPCでも、自分で部品を集めて組み立てることで、もっと安価で作り上げることが可能です。

ですから、ある程度知識を持っている人ならば挑戦できるものだと言えます。
挑戦するのはまったくの初めてだという人は、経験者と一緒にやるのがいいでしょう。
初めてのときは助けてもらって、それから独力でも作れるようにすればいいのです。

ゲームPC自作【作り方】

自作パソコンを作るときに、必要になるのが、まずはPCケースです。
これはいろいろなパーツを組み入れる外枠になります。
タワー型のものが一般的だと言えるでしょう。

それからマザーボードが必要です。
これにそのほかのパーツをつけていくことになります。

古いものだと最新のパーツが取り付けられないといったこともあるので、なるべく新しいものを用意したほうがいいでしょう。

事前に取り付ける部品を書き出しておいて、それに対応しているものを選ぶといった方法がいいかもしれません。

そして、重要な頭脳にあたるCPUを購入します。
いろいろな種類があるので、比較サイトなどを参考にしてどれを買うのかを決めるのもいいでしょう。

ここのパーツの良し悪しによって、自作のゲームPCの能力が左右されると言ってもいいでしょう。

また、使用中に発生する熱を冷却するCPUクーラーも忘れずに用意をしなければいけません。
熱を持ったまま使い続けると不具合が生じたり、劣化や消耗が早まったりといったことになるからです。

それにハードディスクドライブメモリを用意しなければいけません。
この2つは、容量によって性能が違うと考えていいでしょう。

メモリに関しては、オンラインゲームに使用するならば1GB以上は必要になります。
よりスムーズな動作を期待するならば2GB以上のものを用意することになります。

ハードディスクについては、250GB以上がオススメとなっています。

これらを揃えたならば、あとはOSをインストールしないといけません。
ゲームPC用としてはXPの評価が高いのです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
自作パソコンは難しいという方はBTOパソコンがおすすめ
↓ ↓ ↓
ゲームパソコンならBTO!メリットは?【自作パソコンとの違いは】
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

BTOパソコンショップランキング1位はココ!

dospara01 dospara bottun1
TOP > ゲームパソコンまとめ > ゲームパソコンまとめ7!自作ゲームPCとは【値段は安い?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)