PC通販おすすめ

ゲームパソコンならBTO!メリットは?【自作パソコンとの違いは】

ゲームパソコン買うなら【BTOがおすすめ】

ゲームパソコンといったら、BTOパソコンと言ってもいいぐらいですよね。

ゲームにあったパソコンを作ることで無駄を省いてその分安くできますし、ゲームにあわせて組み立てができますので、購入した後ゲームができなかったということもないですよね。

イヤイヤBTOパソコンでは満足できないと言う人におすすめなのが、自作パソコンです。
BTOパソコンより更に細かな部分まで、追求し自分で組み立てをするので、パソコン初心者には難しいですが、ゲームをより追及したいという方には、おすすめですよね。

こちらのページではそれぞれBTOパソコンと自作パソコンのメリットやデメリットなどを紹介していきましょう。

ゲームパソコンならやっぱりBTO

ゲームパソコンを購入する代表的な手段は、既に出来上がっている物をオンラインショップで通販、または家電量販店で直接購入する方法と、部品を買って自力で組み立てる自作の二種類であると思われがちですが、実はBTOと言う第三の手段があります。

BTOとは正式名称、Built To Orderの略で、日本語で受注生産の意を指します。
BTO、つまり受注生産とはその名の通り注文を受けてから製品を生産することにより顧客の要望に沿ったパソコンを作り上げる、言わばオーダーメイドと同じシステムです。

量販されている物では満足がいかない、けれど自力でパソコンを組み上げる自信はない、そんな方にお勧めの購入方法です。

BTOパソコンで購入する利点

通常、家電量販店等で売られているパソコンは特定個人に合わせた物ではなく、万人向けの仕様となっています。

その為ゲームをするには必要のないソフトや機能まで盛り込まれており、価格が高くなったり不必要に容量を取ってしまったりと非常に無駄が多くなってしまいます。

しかしBTOを活用すれば自分の欲しい機能、つまりゲームをする為に必要な部分のみを強化することができます。

グラフィックボード、CPU、メモリ容量をグレードアップさせれば、おのずとパソコンの処理能力も向上し、容量の大きなゲームもスムーズにプレイすることが出来るようになります。

またプロのスタッフが希望を聞いてくれるので、ある程度の知識さえあれば、自作パソコンと違って複雑な仕組みや機器の名称を事前に勉強しておく必要もありません。

やりたいゲームのスペックさえ調べておけば、それに沿った高性能なパソコンをリーズナブルな価格で制作してくれます。

BTOパソコンなら好きなOSに変更できる


OSとはオペレーティングシステムの略で、コンピュータシステム全体を管理するソフトウェアのことです。

代表的な物だとMS-DOS、Windows、Macなどがあり、更に細かく分類することが出来ますが、注意しなければならないのはゲームによっては特定のOSでは動作しない場合がある言うことです。

もっと掘り下げていきますと、Windowsの中でもXPでは動くがVistaでは動かない場合があります。
既に出来上がっている量販型のパソコンのOSは、その時主流になっているものが多く、特定のOSを探すのは手間がかかる上に好みの機能と一致しないことがあります。

ですが顧客の注文を受けてから生産を開始するBTOであれば、安心してOSや機能等の構成を依頼し、自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

注意しなければならないのは、自分の希望をいかにして伝えるかと言うことです。

上記で複雑な仕組みや名称の勉強は必要ないと書きましたが、あくまで最低限の知識がある場合です。

どの部分を強化したいのか、何を目的としているのか、どの程度のスペックが必要であるのか、どんなソフトが必要なのか。
まずはこの四つを自分自身で理解し、しっかりと希望を固めた上でスタッフと相談しましょう。

勘違いなどによる理想のゲームパソコンと実物の誤差をなくすのが、BTOによるゲームパソコンの購入の一番良い形と言えるでしょう。

自作パソコンとBTOパソコンの違いって?

自分好みに内部をカスタマイズ出来ると言う点ではBTOと同じですが、更に細かな部分まで追求したいのであれば自分の手で組み立てる方法があります。

いわゆる自作パソコンですが、部品の名称や組み合わせなど一般的な知識だけでなく、よりマニアックで幅広い知識がなければ形の上では完成しても上手く動作してくれません。

特に大型オンラインゲームの定番である3Dゲームをプレイ出来るパソコンとなると、部品一つにまで気を配らなければなりません。

部品の値段

度々文中に上がるグラフィックボード(グラフィックカード、ビデオカード)ですが、こちらの値段に平均的な物は無く、最低で3桁から高い物だと数万にも及びます。

ゲームをするにあたって非常に重要な装置である為、細心の注意を払いつつ選ぶ必要があります。
新しい物であれば大抵のゲームには対応していますが、中にはこれが非対応であるが為にゲームが出来ない、なんて場合もありますので事前のチェックは欠かせません。

2004年前後の古いグラフィックボードでは、現在の大型RPGの複雑な信号を理解する事が出来ませんので、ゲームをプレイすることが出来ません。

また、マザーボードと総称されるCPUや主記憶装置などパソコンの中の主要な部品を装着した基盤となる心臓部ですが、こちらも安くて4千円台、高いと3万をゆうに越えます。

つまり自作パソコンにおける値段に平均値は無く、最低限のスペックであれば量販されている物やBTOよりも安くなりますが、機能を追求すれば追求するほどに高くなり、ブランドパソコンよりも高価なる可能性があることを十分に理解しておかなければなりません。

自作パソコンでの利点

中々安易に手が出せない自作パソコンですが、勿論利点もあります。
例えばこの先ゲームがどんどん進化を遂げ、今使っているパソコンのスペックでは対応しきれなくなった時に、部品一つ変えれば難なく動かせるようになります。

故障の際にも最低限必要な部品の交換のみで済むため、長く安く維持することが可能になります。

またパソコンだけでなく部品自体も次々に新しい物が開発され、古き良き装置を使っているゲームパソコンには中々出会えない時代となりつつありますが、自作であれば掘り出し市やオークション、リサイクルショップなどから探し出して自由に組み込むことが出来ます。

一番良いのは自分の手に馴染む部品を使うこと、良い物を探すことを妥協しないことです。
妥協してしまうのであれば、BTOや家電量販店で購入できるゲームパソコンで十分です。

しかしもっと深くゲームを楽しみたいと言う飽くなき追求心があるのなら、その手で組み上げたゲームパソコンと一般的な物の差は一目瞭然なはずです。

BTOパソコンショップランキング1位はココ!

dospara01 dospara bottun1
TOP > ゲームパソコン > ゲームパソコンならBTO!メリットは?【自作パソコンとの違いは】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)